1. マイナビ新卒紹介トップ >
  2. 就活ノウハウ >
  3. 外国人留学生の就活 >
  4. 自己分析チェックポイントを押さえよう

自己分析チェックポイントを押さえよう

日本で就職活動をスタートする場合、はじめにやるべきこととして「自己分析」が挙げられます。ここでは外国人留学生のみなさんが「自己分析」を行う際に、チェックしておいた方がよいポイントについて簡単にご説明します。

自己分析とは?

自己分析は日本での就活において一番最初に行なわなければならない作業です。皆さまも、日本の本屋に寄った時や就職サイトなどでも、この「自己分析」という言葉をよく目にするのではないでしょうか?それでは、一体「自己分析」とはどのようなものでしょうか?

point「自己分析」とは、「自分を探る」作業のこと。

さらに細かく言えば、「自分」を客観的に評価することです。

  • 自分の長所や短所は?
  • 自分は今まで、どんなことをしてきたか?
  • 過去のどんな経験が自分の人格形成に影響を与えてきたか?
  • 自分にしかできないこととは?
  • 自分の今後の課題とは?

などを突き詰めていく作業のことをいいます。

なぜ自己分析が必要なのでしょうか?

多くの外国人留学生の就活生の中には、「自己分析なんて本当に意味あるのだろうか?」という人もいるのではないでしょうか?おそらく、それは、自己分析の必要性を感じることができないからでしょう。必要性を感じることができないものに時間を費やすことは、つらいものです。やり方さえわからない就活生も多いのではないでしょうか?

自己分析は単に「就活をうまく乗り切るため」ものというだけではありません。今後の人生で自分がどういう環境に身を置きたいか、どういう風に自分の周りにいる人たちや社会と関わっていきたいか、それを考えるために今までの自身の経験を振り返りながら自分のことを良く理解するということです。

自分を知るということは、社会に出てさまざまな人と仕事をする時に自分がその環境でどの部分でどんな風に役に立てるかを考える際におおいに役に立ちます。

もちろん就職活動の中でも自己分析の内容は活かされます。自己分析の内容はなるべく相手に伝わりやすい言葉に置き換えながら進めることをおすすめします。

point「自分を理解すること」と「相手に自分を理解してもらうこと」は比例します

なぜ日本の就活に「自己分析」は必要なのか?

【履歴書作成における自己分析の役割】
履歴書は、本人より先に企業の人の目に触れるものです。
顔も知らない相手に書類という限られたスペースで、自分を理解してもらう必要があります。
【面接の場合】
初対面の面接官に限られた時間内で、自分を理解してもらう必要があります。そのためには、まず「自分が自分のことを、どれだけ理解しているか」が重要になってきます。

そのためには、まず「自分が自分のことを、どれだけ理解しているか」が重要になってきます。

マイナビ新卒紹介(留学生)では、「自己分析」する「必要性」を、その都度確かめながら、専任のキャリアアドバイザーと二人三脚の就活を進めていきます。自分の強みや弱みを把握するためには、第三者に客観的に評価してもらいましょう。

外国人留学生としての必要な自己分析とは?

外国人留学生の採用を考える日本企業は、面接で留学生に対して特有の質問をするでしょう。面接を受ける側の留学生は、その質問に明確に答えられるためにも、さまざまな角度から自己分析をし、自分をアピールするできるように準備しておきましょう。
あくまで一例ですが、外国人留学生にとって重要な自己分析チェックポイントを押さえておきましょう。

Check!Check!

  • なぜ日本に留学したのか?なぜ他の国ではなかったのか?
  • 日本に興味を持ったのはいつごろだろうか?
  • 日本に留学してよかったと思うことは?
  • あなたが日本で就職したいと思ったのはなぜだろうか?
  • グローバルな人材として何ができるのだろうか?
  • 5年後、10年後、20年後どこの国で何をしているか?
  • 母国と日本の違いは?文化、習慣、性格など。

面接の際、思いがけない質問に戸惑う留学生が多いです。しっかりと「留学生としての自分」を分析しましょう。日本で働きたいという「理由がしっかりした回答」「説得力がある回答」が用意できていることが重要です。

留学生面接イメージ

  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け