1. マイナビ新卒紹介トップ >
  2. 就活ノウハウ >
  3. 自己PR >
  4. 面接で効果的に自己PRをする方法

面接で効果的に自己PRをする方法

面接での自己PRは選考の結果を左右するといっても過言でないほど重要な要素です。面接では初対面の人に決まった時間内で自分自身をアピールしなくてはなりません。事前にポイントを知り、対策をすることが大切です。
ここでは面接での自己PRの流れや効果的なポイントを紹介します。みなさんの自己PR内容に当てはめてぜひ実践してみてください!

イメージ

面接官が見ているところ

就活の面接において面接官が見ているところは以下のような点です。面接で自己PRを行う前にこの部分を意識をしておくことで、どのような点をアピールすると効果的なのかがわかりやすくなるので、ぜひ覚えておきましょう。

どのような人となりなのか

面接ではまず、みなさんがどのような考えをもった人なのかを理解してもらうことが大切です。初対面である面接官に対して「私はこんな人間です」と伝えることで興味をもってもらい「もっとその人のことを知りたい、一緒に働きたい」と感じてもらうことができます。

会社にどのように貢献してくれるのか

どのように会社に貢献してくれるのかは企業にとって重要なポイントです。具体的に経験やスキルが実際の業務でどのように活かせるのかを述べることで入社してからのイメージが湧きやすくなります。

コミュニケーション能力はあるか

コミュニケーションは実際に仕事をするうえで、切り離せないものです。面接官の質問の意図を理解して回答をしていくことで、会話のキャッチボールが成り立ち、コミュニケーション力を伝えることができます。

入社の意欲はあるか

どんなに素晴らしい経験やスキルをアピールしても、志望している企業のことを全く調べていなく、関連性がない自己PRばかりを述べていては入社の意欲がないと判断されてしまう場合があります。

効果的な自己PRの流れ

自己PRは流れを考えて話すようにしましょう。結論にたどり着かず、長々と経験だけを話しても面接官はPR内容を汲み取ってはくれません。
以下は効果的な自己PRの流れです。自身のPRに内容を当てはめて考えてみましょう。

STEP
1
結論から述べる

「私の強みは◯◯◯です」、「私の長所は◯◯◯です」、「私は◯◯◯な人間です」などと簡潔に述べる。

↓

STEP
2
理由や経験を述べる

なぜ、STEP1のような強みや長所、人間なのかを具体的な理由や経験を踏まえて答える。

↓

STEP
3
仕事で活かせることを述べる

STEP2の経験からどのようなことを学び、それは実際の仕事にどのように活かせるかを述べる。

注意点

自己PRでは履歴書やエントリーシートで記入した内容に沿って話すようにしましょう。異なった内容を話すと一貫性がないと判断されてしまう場合があります。

時間ごとのパターンを用意しよう

面接によっては「3分間で自己PRをしてください」など時間を指定される場合があります。臨機応変に対応するためにも、1.2.3分などで自己PRのエピソードを用意しておくとよいでしょう。また、集団面接では一人ひとりのアピール時間が短くなる傾向があるため、ショートバージョンも考えておくことも大切です。
一般的に300文字程度を1分間で話す速度が理想的と言われています。これを目安にすると時間のイメージがつきやすくなります。

一つひとつの質問の答えが自己PRに

面接官の質問への回答はさらにに自己PRを行うチャンスです。「自己PRをしてください」という質問に対しては、一番アピールしたい内容を答えますが、その他にもアピール内容はたくさんあるはずです。例えば

質問内容【1】
短所はどんなところですか

短所を伝えたうえで、どのように改善をしようとしているのかを具体的に述べることで、「客観的に物事を捉えることができる」、「課題を見つけ改善案を考えることができる」などのアピールになります。

質問内容【2】
最近嬉しかったことはなんですか

どのような過程から評価を得たのかを具体的なエピソードを交えて話すことで、「努力家」「課題を解決する力がある」などのアピールになります。

質問内容【3】
尊敬している人は誰ですか

なぜその人物を尊敬しているのか、それを自分でも活かしていきたいという話の展開をすることで、「向上心がある」などのアピールになります。

面接での質問例

  • 長所を教えてください
  • 部活やサークルは何をしていましたか
  • アルバイトはしていましたか
  • 最近のニュースで興味を持ったものはなんですか
  • 大学を選んだ理由はなんですか
  • 自身を動物に例えるとなんですか
  • 自分にキャッチコピーをつけるならなんですか
  • 一言で自分はどのような人間だと思いますか
  • 苦手なことはどんなことですか
  • 将来の夢はなんですか

など

上記の質問が出た場合、どのように自己PRを行いますか?面接では予想もしないようなさまざまな質問をされる場合があります。
複数の自己PRパターンを事前に考えておくことで、回答でも戸惑うことなく、効果的にアピールできます。
パターンを考えることは時間がかかる作業ですが、うまく回答ができずに会話が止まってしまう、同じ回答になってしまい面接官からの質問がなくなってしまう、などを避けるためにも、ぜひ取り組んでください。

面接の前に練習を行おう

履歴書やエントリーシートでは伝えたい内容を訴求できていたにも関わらず、「面接では緊張をして、思うように伝えられなかった」という話をよく耳にします。これは頭の中ではイメージができていても、実際に言葉にすると要点が伝わりづらかったり、想定していた時間をオーバーしてしまったりと、さまざまな問題が発生することが原因です。これらの問題を解決するためにも事前に面接の練習を行うことが大切です。学校の先生や両親、友達などに面接の練習に協力してもらうとよいでしょう。

面接では準備をしていても想定外の質問が出る場合があり、臨機応変に対応する適応能力が必要です。内容を丸暗記するなどは想定外に対応ができないない場合もあるため、どのような質問にも一番伝えたいポイントは何なのか、結論では何を伝えたいのかをキーワードとして記憶しておき、回答するとよいでしょう。
また、自己PRは自分のアピールポイントを述べるだけでなく、企業が求めている人物像やスキルを意識し、1社1社に合わせて考えていきましょう。

面接での自己PRはとても重要ですが、面接官は話の内容だけでなく、マナーや振る舞い方も見ている場合が多くあります。
面接の前には「あなたは大丈夫?面接で採用担当者がチェックしているマナー」、「面接で好印象を与える立ち居振る舞い」を参考して、本番に備えることがおすすめです。

マイナビ新卒紹介で面接の自己PR対策を行おう

マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりの就職活動をサポートします。サービスは、就職活動のカウンセリング、自己分析のサポート、求人紹介、書類添削、内定までを全面バックアップするものです(全て無料)。面接対策も行っていますので「自己PRの内容を相談したい」「面接の練習を行いたい」という方はぜひご活用ください。

面接でマイナスな印象を改善するならマイナビ新卒紹介面接の自己PR対策をするなら マイナビ新卒紹介
  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け