1. マイナビ新卒紹介トップ >
  2. 就活ノウハウ >
  3. 面接対策 >
  4. 正しい入室・退室の仕方

正しい入室・退室の仕方

面接室に入るときから出るときまでの正しい立ち居振る舞いのマナーについてご紹介します。細かなポイントですが、これができていないだけで周りの学生と比較されたとき、悪目立ちする可能性もあります。要点を押さえて事前に練習しておきましょう。それでは、入室から退出までの流れにそってポイントをお伝えします。

イメージ

入室の仕方

  • 【1】ドアをノックする

    ドアを2回軽くノックします。「どうぞ」という声が聞こえたら、「失礼いたします」と言ってからドアを開けます。集団面接で前の人に続いて入る場合はノックは不要です。「失礼いたします」と言って開いたドアからそのまま続いて入ってください。

  • 【2】部屋に入り、ドアを閉める

    部屋に入ったら、ドアの方を向いてドアを閉めます(集団面接では最後に入った人が閉めます)。後ろ手で閉めるのはNGです。

  • 【3】面接官を向いてお辞儀

    ドアを閉めたら面接官の方へ向き直り、30度の角度でお辞儀をします。お辞儀の前に「よろしくお願いいたします」と述べてもOKです。

  • 【4】いすの横に立つ

    お辞儀の後、いすの横まで歩いて向かい、姿勢を正して立ちます。会議室や応接室などに通された場合は学生用のいすがどれか不明瞭かもしれませんが、下座へ座るのがマナーです。

    「大学名とお名前をお願いします」と言われたら、「○○大学○○学部の○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」と言い、その後、深くお辞儀(45度)をします。そのとき、言葉とお辞儀が同時にならないように注意しましょう。

  • 【5】着席

    「どうぞ」と言われたら、「失礼いたします」と言い、浅めのお辞儀(15度)をしていすに座ります。バッグはいすの横に置くか、いすの脚に立てかけましょう。以下は座っているときの体勢のポイントです。

座っているときの体勢のポイント

  • いすに深く腰掛けない、背もたれにもたれない
  • 背筋を伸ばし、あごを少し引く
  • 男性は両膝を軽く開き、手は握りこぶしにしてひざに乗せる
  • 女性は両膝を閉じ、両手を重ねてひざに乗せる

退室の仕方

  • 【1】いすから立ってお礼

    面接が終わったらいすから立ち上がり、「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございました」とお礼を述べた後、45度の深いお辞儀をします。

  • 【2】ドアの前でお辞儀

    お辞儀の後ドアに向かって歩き、ドアの前で面接官の方へ向き直って「失礼いたします」と言い、30〜45度の角度で丁寧にお辞儀をしてからドアを開けて退室します。お辞儀のあと、顔を上げた際に面接官とアイコンタクトをとりましょう。

面接の入退室は何度も練習して自然に正しい振る舞いをできるようにしましょう。

マイナビ新卒紹介で面接対策をしよう

マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりの就職活動をサポートします。サービスは、就職活動のカウンセリング、自己分析のサポート、求人紹介、書類添削、面接対策と内定までを全面バックアップするものです(全て無料)。面接対策で入室・退室の練習もできますので、ぜひマイナビ新卒紹介を活用してみてください。

面接対策で入室・退室の練習をするなら面接対策で入室・体質の練習をするならマイナビ新卒紹介
  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け
  • 新卒紹介アドバンス