履歴書の事前準備

履歴書は事前の準備がとても重要です。ここでは履歴書用紙など用意するものや、履歴書を書く前に押さえておきたいことについてお伝えします。

イメージ

大学指定の履歴書を用意

履歴書用紙にはいくつかの種類があり、それぞれ備わっている項目が異なるなど、フォーマットに違いがあります。種類を大きく分けると、「大学指定の履歴書」と「市販の履歴書」がありますが、できるだけ大学指定の履歴書を使用することをおすすめします。大学指定の履歴書は、次のように新卒の就職活動に向いた作りになっているためです。

大学指定の履歴書の特徴

  • 【1】大学名が印字されている

    大学名が印字されているため、どこの大学の学生なのか一目で分かります。

  • 【2】学生にとってPRをしやすい項目構成になっている

    市販の履歴書に比べて、学生にとってPR内容を書きやすい項目構成になっています。例えば、JIS(日本工業規格)などの市販の履歴書は社会人が使用することも想定しているので、「学歴・職歴」欄が大きく、そのために「志望動機」「PR」を書ける欄が小さくなっています。

    一方、大学指定の履歴書は「学歴・職歴」欄が小さく、「学業」「スポーツ・文化活動」「志望動機」「資格」「趣味・特技」などについて書けるスペースが大きくとられています。また、理系や美術系などでは、研究や専攻にあわせた項目がある場合もあります。

    大学指定の履歴書は大学の生協(生活協同組合)や売店などで販売されています。記入ミスに備えて「応募企業数×2〜3枚」など多めに購入しておきましょう。

写真館で証明写真を撮る

履歴書に貼る証明写真を撮りましょう(通常、3カ月以内に撮影したものを使用します)。証明写真は自分の第一印象を左右するためとても重要です。

「元気がよさそう」「爽やか」「おとなしそう」「真面目そう」など、企業の採用担当者は写真から一定のイメージを持ちます。ですから、スピード写真ではなく、写真館でプロに撮影してもらいましょう。

また、証明写真のサイズは4×3cmが一般的です。履歴書によってはサイズが異なる場合もあるため、事前に確認を行いましょう。

両面テープを用意

履歴書を貼るための両面テープを用意してください。

水のりは用紙がふやけてしまい、スティックはものにもよりますが写真が剥がれやすいケースがあります。裏面に記入する学校名・氏名がにじまないという点でも両面テープがおすすめです。

ペンは数種類、きれいに書けるものを用意

まずはペンの用意です。ペンは一種だけでなく、太さの違うペンを数種類用意し、用途によって使い分けます。

  • 見出し文
    一番太いペン(水性サインペン、1.0ミリのゲルインキのペンなど)
  • 強調したい文に下線を引く
    二番目に太いペン(0.7ミリのゲルインキのペンなど)
  • 本文
    細いペン(0.5ミリのゲルインキのペンなど)

いずれもさらさらと書けて、自分の筆跡がもっともきれいに見えるペンを選んでください。

履歴書の記入に向かないペン

  • 筆圧を強くしないと書きづらいもの

    → 筆跡が崩れやすくなります。

  • インクのダマが出やすいもの

    → 書類を汚してしまう可能性があります。

  • インクの出方にムラがあるもの

    →インクがかすれる、インクが出すぎるなど、文字がきれいに書けないことがあります。

印鑑・朱肉・印鑑マットを用意

履歴書に「印」と書いてある箇所がある場合は押印が必要です(ない場合は押印は不要です)。押印箇所がある場合は印鑑・朱肉・印鑑マットを用意しましょう。

印鑑は実印である必要はなく、認印を用意すればOKです。ただし、ゴム印など朱肉が不要な印鑑は簡易的でありビジネスマナーとしてふさわしくないため避けましょう。また、銀行印に使用した印鑑は個人情報の流出を避けるためにも安易に使うのはやめましょう。さらに、印影は名前が一目で分かる書体(楷書・行書)がよいです。

印鑑マットは、替わりに折りたたんだ新聞やティッシュを四つ折りにしたものを使用してもOKです。

下敷きを用意

履歴書を書くときには下敷きを敷いて書くとよいです。机の傷で筆跡が乱れたり、履歴書の裏面が汚れないように気を配りましょう。

記入内容は事前に原稿を練っておく

記入内容は履歴書に書き込む前に、まずはパソコンやノートを使って文章をよく練りましょう。履歴書の項目の枠の大きさに適した文字数で伝えたいことを的確にまとめてから書き込みます。

クリアファイルとA4の白い封筒を用意

履歴書は、郵送の場合だけでなく、手渡しする場合も折れないようにクリアファイルと封筒に入れて持参するのがマナーです。封筒は角形A4か角2号の白封筒を選びます。

メールアドレスは社会人にふさわしいものを

連絡先の欄に記載するメールアドレスは名前と数字の組み合わせなどが無難です。自分の愛称や単語の組み合わせなど幼げなものはビジネスの場では不適切です。ふさわしいアドレスを持っていない場合は就活用に新しく作成しましょう。

履歴書の下準備ができたら、履歴書の各項目ごとの書き方を「履歴書の書き方マニュアル」でチェックしてみましょう。

マイナビ新卒紹介では履歴書のアドバイスも行っています

マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりの就職活動をサポートしています。サービスの内容は、就職カウンセリング、自己分析のサポート、求人紹介、書類添削、面接対策など、内定までを一貫してサポートするものです(全て無料)。履歴書の書き方についてもアドバイスを受けることができ、添削も可能です。自分だけでは不安な方はぜひ活用してみてください。

履歴書のアドバイスを受けるならマイナビ新卒紹介履歴書のアドバイスを受けるならマイナビ新卒紹介
  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け