1. マイナビ新卒紹介トップ >
  2. 就活ノウハウ >
  3. 自己分析 >
  4. 効率的な自己分析の方法

効率的な自己分析の方法

自己分析にはさまざまな方法があります。自己分析用のノート作成、チェックシートなど、いずれも頭の中で考えるだけではなく、しっかりと書き記すことで情報が整理され、筋の通った自己PRの作成につながります。

しかし、みなさんの中には自己分析を初めて行う方も多く、書かなければいけないことは理解していても、「そもそも自己分析のやり方って?」「効率的な方法は?」「どのように特徴を見つければ良いの?」などの疑問が多くあるかと思います。ここでは、そのようなみなさんの疑問解消に役立つ「効率的な自己分析の方法」についてを紹介します。

イメージ

【STEP・01】 自分史の作成

自己分析の第一歩は自分の客観的なデータを集めることから始まります。客観的なデータとはみなさんが今まで経験してきた体験を分析し、自己PRで「強み」となる情報を抽出したものです。まずは、自己分析チェックシートAを用いて「中学から大学時代に取り組んだこと」を自分史で振り返りましょう。今まで気がつかなかったPRポイントが見つかるはずです。

自己分析チェックシートA自己分析チェックシートA

ここでは、比較的に振り返りやすい内容の「中学から大学時代に取り組んだこと」を紹介しましたが、時間に余裕のある方は「中学から大学時代に達成したこと」、「中学から大学時代に悔しかったこと」、「中学から大学時代の忘れられない体験」などさまざまな視点から分析を行ってみましょう。ネガティブな体験からも、状況を好転させるために取り組んだことなどを一緒にアピールすれば「強み」になることもあるので、「これはPRにならない」などと判断せずに、振り返りを行いましょう。

【STEP・02】 エピソードの掘り下げ

STEP1で振り返った内容をもとに、自己分析チェックシートBを用いて掘り下げを行いましょう。掘り下げを行うことで、オリジナリティのある自己PRが見つかり、詳細な振り返りを行うことで「人柄」や「長所」などのアピールポイントを見つけることができます。

自己分析チェックシートB自己分析チェックシートB

上記の掘り下げ内容では「困難だったこと」で、自分の短所がでてくることがあります。その短所をどのように解決したかはみなさんの長所になりますので、詳細に掘り下げを行いましょう。面接では誰しも「長所」をアピールします。しかし、面接官はその裏付けとなる根拠を見ています。表面的ではない具体的なエピソードで他者との違いをアピールしましょう。

【STEP・03】分析内容の整理

STEP1、2で洗い出した内容を整理します。

中学から大学までの経験から解決方法や学んだことで共通点はありましたか?共通点を整理することで「強み」が明確になり、面接での回答にブレがなくなります。この共通点を見つけるために、事前にさまざまな視点から分析を行うことが必要です。

また、整理で気をつけたいことは奇をてらった内容や自信過剰な内容になっていないかということです。「100体のフィギュアをコレクションしているので、継続して物事に取り組みます」、「キャプテンをやっていたから絶対に他人に信頼されます」などでは一緒に働きたいとは思いません。奇をてらった内容や自信過剰な内容は印象を悪くしてしまう場合もあるため、整理の段階で面接官の共感を得られる内容を選ぶことが大切です。

過去の経験を振り返り、自分の性格や特徴を分析することは大変根気のいる作業ですが、綿密な自己分析を行うことで今まで気づかなかった「強み」を発見することもあるので、ぜひしっかりと取り組んでください。

効率的な自己分析の方法を理解した後は、実際に自己分析チェックシートを用いて自己分析を行いましょう。初めはノートやメモ帳でもよいので自己分析シートをもとに取り掛かることが大切です。

マイナビ新卒紹介で効率的な自己分析をしよう

マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりの就職活動をサポートします。サービスは、就職活動のカウンセリング、自己分析のサポート、求人紹介、書類添削、面接対策と内定までを全面バックアップするものです(全て無料)。「自己分析のやり方がわからない」、「自己分析からどのようにアピールしたらよいかわからない」など、お悩みの方は効率的な就活を行うことができるマイナビ新卒紹介をご活用ください。

効率的な自己分析をするなら マイナビ新卒紹介効率的な自己分析をするなら マイナビ新卒紹介
  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け
  • 新卒紹介アドバンス