1. マイナビ新卒紹介(理系学生向け)トップ >
  2. 就活ノウハウ >
  3. エントリーシート >
  4. 効果的にPRをするためのエントリーシートの書き方

効果的にPRをするためのエントリーシートの書き方

エントリーシートは、企業の選考に応募する際に提出が必要となる応募書類です。書類で提出する場合もあれば、Webで送信する場合もあり、形式は企業によってさまざまです。エントリーシートの設問は、企業に必要な人材かどうかを判断するために工夫がされています。多くの場合は「志望動機」、「自己PR」、「将来のビジョン」を問う内容です。企業によっては、「自分を一言で表すと何ですか?」や「一番自分らしい瞬間の写真を貼ってください」といった個性的な質問がされる場合もあります。

エントリーシートは選考の最初の壁であり、企業に与える自分の第一印象を左右する重要な決め手です。このページでエントリーシートで効果的にPRをするコツを学びましょう。
※文章・体裁のポイントは、「エントリーシートが読みやすくなる!伝わる文章の書き方とは?」を参考にしてください。

効果的にPRをするためのポイント

全ての項目を自己PR・志望動機につなげる

エントリーシートは自己PR欄や志望動機欄を始め、能力・スキル、特技、趣味、経験など多くの記入項目があります。ここで大切なことは、その全ての項目で自己PR・志望動機につながる内容を書くことです。能力・スキル、特技、趣味、経験などは「やりたい仕事に活かせること」「志望動機の根拠づけになること」を記入しましょう。

具体的事例、実績、エピソードをつける

説得力のある内容を書くには、必ず、具体的事例、実績、エピソードをつけることが必要です。例えば、「勉強が好きなことは誰にも負けません。」とアピールするなら、「学部成績は全科目中9割が“優”。勉強が好きなことは誰にも負けません。」としたほうが説得力が増します。

バランスが重要!内容の偏り、重複はNG

エントリーシートでは自分の多様性を示すことが大切です。多様性のある人とは、「広い視野で物事を考える人」「行動力を持ち、さまざまな取り組みをする人」などです。それぞれの項目で書く内容は、バランスに気をつけ、一つのことに偏ったり、重複しないようにしてください。

例えば、自己PR、志望動機、学生時代に頑張ったこと、スキル・経験など、どの項目でも「サークルでの活動」について書いていたら、企業にとっては「他に取り組んだことは何もないのか?」「それしか経験してこなかったのか?」と疑問に感じます。

学部での研究、部活動、サークル活動、アルバイト、学外での活動、趣味、特技など、さまざまな経験について触れることで、PRになるだけでなく、バランス感覚を見せることができます。

内容は矛盾しないように気をつける

エントリーシートは各項目同士の内容の矛盾にも注意が必要です。例えば、自身の強みとして「計画的に行動すること」と書いた一方で、自身の弱みとして「短絡的なところ」と書いた場合、これは矛盾しています。
全ての記入内容が矛盾なく両立しているかどうかに気をつけて書きましょう。

面接で聞いて欲しいことを書く

面接官は、エントリーシートなどの応募書類に記載されている内容を面接で掘り下げて聞きます。このことを踏まえて、「掘り下げられてもしっかりと受け答えできる内容」、「自分が面接官に伝えたい内容」を選んでエントリーシートに書きましょう。

PRになっていないことをPRをしない

誰でもできること、誰でも経験し得ること、仕事の場で役立たないことを長所と言ったり、PRをすることは避けましょう。NG例を挙げます。

【NG例01】誰でもできること

私の強みはコミュニケーション能力です。

↓

コミュニケーション能力は、採用する側にとっては学生に求める最低限のスキルといえ、PRをするレベルのこととは言えません。また、その能力が備わっているかどうかは採用担当者に判断してもらうべきと言えます。もしもコミュニケーション力が高いことをPRをしたい場合は、「他大学の学生団体と交渉を重ね、討論会の定期開催を実施するまでこぎつけた」など、多くの人があまり経験していないようなエピソードを具体的に伝えることが必要です。

【NG例02】誰でも経験し得ること

人生で最も辛かったことは大学受験です。

↓

大学受験はほとんど誰でも経験していますから、これだけでは説得力に欠けます。このように一見すると一般的な経験をアピールしたい場合は、人よりもどれだけ大変な思いをして、具体的に何を努力したのかを伝える必要があります。

【NG例03】仕事の場で役立たないこと

私は好奇心が旺盛な人間です。

↓

好奇心が旺盛だというのは、それだけでは長所かあるいは仕事に役立つ特徴というイメージは湧きません。「情報収集力」「フットワーク」など、スキルと言える表現に言い換えましょう。

自分中心はNG。企業に貢献するという姿勢で

エントリーシートでは、自分中心の内容になっている文章がよく見受けられますが、これはNGです。例えば、「貴社で成長したい」という表現もその一つです。

企業は自分を成長させてくれるためにあるものではなく、仕事で成果を出し、その対価を受け取る場所です。

「仕事で成果を挙げたい」「貴社に貢献したい」という方向で書き、自分中心の表現にならないように注意しましょう。

マイナビ新卒紹介でエントリーシートの添削を受けよう

マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりの就職活動をサポートしています。サービスの内容は、就職カウンセリング、自己分析のサポート、求人紹介、書類添削、面接対策など、内定までを一貫してサポートするものです(全て無料)。エントリーシートの書き方についてもアドバイスを受けることができ、添削も可能です。自分だけでは不安な方はぜひ活用してみてください。

エントリーシートの相談なら マイナビ新卒紹介エントリーシートの相談なら マイナビ新卒紹介
  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け
  • 新卒紹介アドバンス