理系としてのキャリアの築き方

理系の方は就職活動を始めるに当たり、選択しなければならないことは主に3つあります。どれを選択するかによって、就職活動の進め方も、将来的に築けるキャリアも大きく異なりますので、情報をしっかりと集め、決断していくと良いでしょう。

  • 職種紹介
  • 選考ごとの特徴

進学or就職 進学 or 就職

将来的にどのようなキャリアを築いて行きたいのかによって、進むべき道は変わってきます。自分が本当に何をしたいのか、学部時代にしっかり考えておくと良いでしょう。

注意していただきたいのは、ネガティブな逃げの選択にならないようにすることです。例えば、「研究が嫌だから就職する」もしくは、「就職活動がしたくない、もう少し学生でいたいから進学する」というような選択では、いずれにしても将来的に苦戦することになりますので注意してください。選択するにあたっては、幅広い情報を集めることをおすすめします。自分や自分の周りだけの少ない情報では意見や見方が偏ってしまいますので、できるだけたくさんの情報を集めて視野を広げるようにしましょう。

また、研究開発職に就きたい場合は、少なくとも修士、場合によっては博士が条件となっている企業もあります。自分がやりたいことを叶えるためには、どの選択が最善なのか考えるとともに、いずれの選択をするにしても覚悟が決まっていなければ後悔することになりますので気をつけましょう。

【01】学部卒での就職のメリット

社会人の2年間は学生時代の2年間とは比べ物にならない程、多くのスキルや経験を習得する事ができます。早く就職し、現場での実務経験を積むことで成長できます。また、専門性が高くない分、柔軟な発想があり、企業の現場担当者からすると育てやすく、双方にメリットがあります。

【02】大学院卒の就職のメリット

研究開発職で重要なのは、「柔軟な考え方」や「他部門やお客様とのコミュニケーション能力」です。大学院に進学するのであれば、研究のみに没頭するのではなく、社会人になってからのキャリアの幅を広げるために、専門性以外に研究開発職で求められる能力を培えるような経験をしましょう。せっかくの2年間を有効活用できる良いでしょう。

自由推薦 or 学校推薦 自由推薦 or 学校推薦

どちらを選択するにしても、まずは学校推薦の情報を集めておきましょう。どのような企業からの推薦があるのか、推薦に応募する資格があるのか、どの様な規定があるのかなど、学校によって進め方はさまざまですので、あらかじめ情報を集めた上で方向性を決めると良いです。

自由応募と学校推薦で異なるポイントとしては、主に3点あります。

【01】選択の自由度

自由応募の場合、自分が受けたい企業を自分で探し、納得いくまでたくさんの企業を受けることができます。また、場合によっては複数内定を獲得できますので、選択の幅が広がります。
一方、学校推薦の場合は、企業・大学・教授・学生それぞれの信頼関係のもと成り立っているものです。安易に選考に進むこと、ましてや内定辞退などは後輩の代にまで影響し兼ねませんので、細心の注意を払いましょう。

【02】倍率

自由応募の場合は誰にでも応募する資格がありますが、学校推薦の場合は学校から推薦をもらえる資格のある人に限られます。もちろん、学校推薦の場合の方が倍率は低くなります。しかし、学校推薦だからといって100%内定が出る訳ではありません。自由推薦の学生に比べて選考回数が少ない分、面接対策が十分に行えておらず、途中で不採用になってしまうケースもあります。事前の対策という観点でいうと、自由応募でも学校推薦でも、後悔することのないようにしっかり行う必要があります。

【03】選考回数

大学の教授が推薦している学生であれば、企業側の信頼度も高く、選考回数が自由応募と比較して少ないケースが多くありますので、研究で忙しい方にとっては研究と就職活動の両立がしやすくなります。一方、自由応募の場合は、選考回数はもちろん、自分で選考情報の収集や、選考スケジュールの調整を行っていかなければならないので、計画的なスケジューリングが重要です。

専門性を活かす or 専門以外のの就職 専門性を活かす or 専門以外のの就職

【01】専門を活かしたい場合

専門を活かした業界へ就職を希望される場合、企業によっては学科を指定して募集をかけている場合がありますので、事前に採用実績を確認しておく方が安心です。

また、注意していただきたいこととは、「専門であることは志望する理由にはならない」という事です。企業は大学と違って、やりたい研究をさせてもらえる場所ではありません。

大学時代は学費を払っているので、好きな研究をさせてもらえますが、企業では利益の出る研究をしていかなければなりません。つまり、新卒採用において、企業が重視するポイントは、「組織の中で、どの様に活躍してくれるのか」ということです。専門性よりポテンシャル重視であることを忘れないようにしましょう。

【02】専門以外の分野に就職する場合

専攻と直結した分野の研究職につくケースは実はまれです。大体の方が専攻してきたこととは違う分野の研究職に就職します。専門以外の分野に就職したとしても、大学時代に勉強してきたことは無駄にはなりません。むしろ、企業にとっては専門外の方を採用する方がメリットがあります。例えば、何か新しい技術を開発したいと思っていても、ある分野のスペシャリストだけが集まっていても新しい発想はなかなか生まれません。

多分野のアイディアが入る事で、新しい技術が開発されていくのです。今後の研究開発を支えていくのは、さまざまな分野の融合と、幅広い視野を持った柔軟な考え方です。このことを忘れずに、就職活動に臨んでみてください。

職種紹介

理系にはさまざまな専門職が存在します。大学・大学院で専攻してきた研究内容によって、挑戦できる職種が変わってくる場合がありますので、あらかじめ選択肢と可能性を知っておくと良いでしょう。理系の方の場合、業界を決めるのも重要な選択ですが、どの職種かによって仕事内容が全く変わりますので、必ずどの職種に適性があるのか考えておく必要があるでしょう。

【01】基礎研究

基礎研究は新しい領域を開拓していく職種です。直接製品の開発に関わるものではありませんが、企業の将来の方向性を決める大切な研究です。そのため、修士もしくは博士課程まで進んでいる方がほとんどです。

今の自分の仕事が何のために存在するのか、自ら目標を設定し、根気強く粘り強く取り組んでいく必要があります。また、ただ単に研究に打ち込むだけではなく、ビジネスとして開花する可能性があるのはどの分野になるのかといった先を見越した判断が必要です。また世の中の動向に関する情報を収集し、最新の情報に敏感である必要があります。

その他、研究の成果だけではなく、予算内で成果を出す管理能力などさまざまな能力が求められます。

【02】応用研究・技術開発

応用研究は基礎研究で出た成果をもとに、具体的に製品化するための職種です。各企業とも新しい技術の開発のためにしのぎを削っているので、他社に負けないようなスピード感が求められます。また、せっかく開発した製品も売れなければ意味がなく、安心安全な優良製品を低コストで生産し、より多くの人に買ってもらうように工夫する必要があります。そのため、研究開発チームのみで業務を進めるのではなく、商品企画部や生産・品質管理部・製造技術部とさまざまなチームの人と密に連携をとって業務を進めていくコミュニケーション能力やチームワーク力、協調性が必要です。

その他、常に業界で最新のテクノロジーを排出してく必要があるので、他社製品に敏感であることはもちろんのこと、将来的に特許関係の知識も必要になります。

【03】機械・電子機器設計

自動車やパソコンなどの製品自体や、心臓部分である集積回路などの設計をする職種です。

自分が手掛けた製品が実際に人に手にわたっている様子を見ることや、自分が設計した製品によって世の中の電化製品が安全に作動し、人々の暮らしを豊かにしていることを実感することができます。また、製品の設計以外では、化学工場などの設備やプラントの設計を手掛けるプラントエンジニアの職種もあります。専門性が求められるので、機械や電気電子学科出身が多いのが特徴です。

試作品を繰り返し作成していくので、粘り強さや細かいことにもこだわる姿勢が求められます。

【04】品質・生産管理・メンテナンス

お客様が安心して製品を使用することができる様に、お客様の安全を守る職種です。万が一製品に何かトラブルが生じた場合、莫大なコストがかかるたけではなく、世の中からの信頼をなくしてしまいます。

そのようなことが起きないように、不良品がないか、トラブルを未然に防ぐために施策が守られているかなど、細かいことも見逃がさずに管理する重大な業務です。また、少しでも利益を出すための生産過程の見直しや、在庫を抱えたり生産が追い付かないということが起きぬように、計画的に管理する力が求められます。

その他、営業部や商品企画部、研修開発部などさまざまな部門の人ともやり取りするため、コミュニケ―ション能力やチームワーク力などの能力が求められます。

【05】SE職

システムエンジニアは、システムを作る上で土台となる設計部分に関わる職種です。最初はシステムを設計書通りにプログラムする仕事から始まり、最終的にはプロジェクトリーダーとして、誰に何を任せるのか、どのようなスケジュールで進めていくのかという、プロジェクト全体を指示管理する立場にキャリアアップしていきます。

システムはどのような業界でも必ず必要なものなので、あらゆる業界の動向や専門知識を持つ必要があります。お客様の要望を形にするためのヒアリング能力や、進捗状況を伝えるプレゼン能力や、プログラマーが設計しやすい設計書を作成する文章構成能力など、幅広い能力が求められます。

また、専門性を高めるためにさまざまな資格の取得をする必要があり、常に勉強する姿勢が必要とされます。

【06】技術営業職

お客様が必要とする素材・原料や機械・設備を高い専門知識をもとに提案営業する職種です。お客様が開発したいと考えている製品に関する最新の情報をキャッチし、より良い開発のために粘り強く提案をする必要があります。営業でありながら、製品の企画に携われるのが醍醐味です。また、専門性が必要なことと、開発側の意図を理解する必要があることから、理系のみの採用を行っている企業が多いのも特徴です。取引先とのやり取りのみではなく、お客様の要望に応えられるような製品の開発ができないか、自社の研究開発部や企画部とやりとりを行うことも多い職種です。

専門知識があることはもちろん、提案力や交渉力など、営業として必要な能力も求められます。理系職種の中で、学部卒での挑戦しやすい職種であり、外部との関わりを多く持ちたい方にはおすすめの職種です。

専攻ごとの特徴

理系の方の場合、専攻によって挑戦できる職種が変わってきます。また、職種によって、仕事内容や求められる能力も異なりますので、事前にしっかり調べた上で選考に臨むと良いでしょう。

【01】機械

機械系の皆さまが選べる方向性としては、「製品を作る(完成品もしくは部品・素材)」「インフラを整える」があります。つまり、製品を作るのか、もしくは製品を作るための仕組み作りを行うのか、いずれかです。自動車などの完成品メーカーは、イメージがしやすく、身近なものが多いので競争率は高くなります。

しかし、インフラが整っていなければ、どの様な優れたアイディアも商品も消費者の手に届くことはなく、非常に重要な役割を担っています。興味やイメージではなく、自分がどの様に社会に貢献したいのかを考えましょう。

選べる
職種
・生産・製造技術
・応用研・技術開発
・品質 生産管理 メンテナンス
・機械 電子機器設計
【02】電気電子

電気電子系の皆さまが選べる方向性としては、「製品を作る(完成品もしくは部品・素材)」「インフラを整える」があります。つまり、製品を作るのか、もしくは製品を作るための仕組み作りを行うのか、いずれかです。自動車などの完成品メーカーはイメージがしやすく、身近なものが多いので競争率は高くなります。

しかし、インフラが整っていなければどの様な優れたアイディアも商品も消費者の手に届くことはなく、非常に重要な役割を担っています。興味やイメージではなく、自分がどの様に社会に貢献したいのかを考えましょう。

選べる
職種
・生産・製造技術
・応用研・技術開発
・品質 生産管理 メンテナンス
・機械 電子機器設計
【03】化学 生物 農

化学・生物・農学系の皆さまが選べる方向性としては、「製品を作る(完成品もしくは素材)」「農業などの第一次産業に携わる」「環境問題に携わる」があります。つまり、製品を作るのか、テクノロジーを使って新たな技術を開発するのかのいずれかになります。化粧品などの完成品メーカーの方はイメージがしやすく、身近なものが多いので、競争率が高くなります。

化成品以外にも、半導体・電気・エネルギーメーカーなどの業界も化学の知識を必要としています。化学の力でできることは幅広くありますので、偏った見方ではなく、さまざまな分野に興味を持って業界研究をしてみてください。

選べる
職種
・基礎研究
・品質 生産管理 メンテナンス
・応用研究 技術開発
【04】薬学 医療

薬学系の皆さんが選べる方向性としては、MRや開発・製造職として、医薬品メーカー・商社に勤務するか、もしくは、ドラッグストアや病院・調剤薬局で薬剤師として勤務する選択肢があります。

また、医療系の皆さんが選べる方向性としては、病院や介護施設で、医師・医療技師・看護師・介護士などの専門職として勤務する選択肢があります。

選べる
職種
・基礎研究
・品質 生産管理 メンテナンス
・応用研究 技術開発
・MR
・福祉 介護士 ホームヘルパー
・医療技師 看護師
・薬剤師

マイナビ新卒紹介では理系学生のみなさまの就活をサポートします

マイナビ新卒紹介では、キャリアアドバイザーが一人ひとりの就職活動をサポートします。サービスは、就職活動のカウンセリング、自己分析のサポート、求人紹介、書類添削、面接対策と内定までを全面バックアップするものです(全て無料)。理系学生のみなさまに合った就活方法を一緒に探すことができますので、ぜひご活用ください。

理系の就活の相談をするなら マイナビ新卒紹介 理系の就活の相談をするなら マイナビ新卒紹介
  • 新卒トップ
  • 理系学生向け
  • 体育会学生向け
  • 留学生向け
  • 地方学生向け
  • 新卒紹介アドバンス